So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

アイアンマン2 [洋画]

auビデオパスのコイン消費3泊200円レンタル
安いと思っていたけど、普通にレンタルビデオするのと値段は変わらないか。

すっかりアイアンマンの内容を忘れていたけど、これを見て多少思い出す。
前作の最後にトニーが自分がアイアンマンですっていうんだったな。
そうだそうだ。

今回はパラジウムに代わる元素をトニーが作るわけですが、その工程がいい。
空間に映し出された設計図やデータをタブレットPCのように扱いながらも、ものすごくアナログな方法で元素を完成させると。
最後は手仕事よねぇ。

序盤からスカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウが活躍するので、それも好ポイント
後半戦はガンガン戦います。
もうアベンジャーズのプロジェクトが本格化してたんでしょうね。

S.H.I.E.L.D.サイドの話も並行して進みます。
EDロール後にムジョルニア発見で終わるところなんぞ、完全に「続きます」って事だからね。

本編の内容にまったく触れてませんが、アイアンマンがマーク5になったよ。イワンのバカ。ハマーはもっとバカ。
って感じです。

インクレディブル・ハルク [洋画]

auビデオパスのコイン消化のためにみたのよ。
ってか、500円のレンタルすればいいんだけど、ちょうどアベンジャーズ周りが200円と安かったので、いろいろ見たわよ。
アイアンマンはかなり昔に見た切りで、次がこのハルクなのね。
この後、マイティーソーとかキャプテンアメリカとか続くのですが、このハルクだけはパート2がないという寂しいお話。
OPで、色々あってハルクになりました。
逃げました。
ダイジェストで見せてからスタート。
すげぇな。
もう知識としてありますよね、前提がたまらんです。
無駄にヒクソングレイシー出てるし。
最後の最後で、アイアンマン出てきます。
あ、素面の状態で。
この頃はまだアベンジャーズやるとかやらないとかの段階だったのかな?
そこまでS.H.I.E.L.D.はガンガン絡んでこないです。
ネットの検閲とかはS.H.I.E.L.D.が管理しているとか、そんなレベル。

ヒロインの行動が若干納得いってはいなのですが(新しいボーイフレンドいるし、ハルク見つけたら、あっさり今彼捨てるし)、娯楽映画としては良かったなと。

次はアイアンマン2かな?


スーサイド・スクワッド [洋画]

auビデオパスのコインが有効期限切れ掛けていたので、見放題プランではなくレンタルプランの方で鑑賞。
映画やっている時から見たかったんですが、タイミング悪く~で、やっとこ見られたよ。
良かったよかった。

で、見た瞬間から後悔。
あれか、マーベルコミックと同じパターンか。
先にマンオブスティールとか見とかないといけないやつだったか。
DCコミックでもそのパターンだったのね。
スーパーマンが死んだとか、バットマンが最初ちょこちょこ出て来たりと、一連の流れの映画だったのね。

DCコミックのヴィラン(悪役)達が集められ、敵と戦う~というのが大筋の流れ。
予告編を見ている限りではだれがラスボスだかわからなかったんだけど、かなり早い段階でエンチャントレスであると判明します。
てっきりスーサイドスクワッドの一員だと思っていたよ。
そして、アメリカ版の予告を見て嫌な予感がしたハーレークイン。
予想通り、日本ではハーレークインwithスーサイドスクワッドの方向でHPとか特集とか組まれてましたね。
狂言回しの一人ではあるのですが、デットショットとリックがメインな気がするんだよなぁ。
いや、かわいいからいいんですが。
そして、思った以上に活躍していたジョーカー(あんまり表に出してなかったから、てっきりチョイ役かと)。
いいですね。
ジャックニコルソンのような陽気な犯罪者やヒースレジャーのようなより殺人鬼であり狂人であるのとも違う、切り口のジョーカーでした。
もっと精神世界に没頭しているというか、もっと、自分の中に入っている感じ。
かっこよかった。

ストーリーがどうこうというのはないし、単純に面白かったですわ。
とりあえずマンオブスティールから見直そう。

特撮じゃない気もするけど、書くところがなかったので、ここに書いてみた。


ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国 [ウルトラマン]

なかなか見る気がでずに、ほっといたのをようやく鑑賞。
土屋太鳳が出てるのね。
濱田くんも出てます。
次のジードの主人公が彼なので、感慨深いものがあります。
カイザーベリアルとの対決シーンはわずかで、ほとんどがウルティメイトフォースゼロをつくるための仲間集めに終始してます。
しかし、緑川さんいい声だわぁ(ミラーナイトね)。


歴代ウルトラマンの声がほぼオリジナルキャストというのはいいですね。
特に長谷川初範が80の声をやるとは!
長谷川理恵と小泉純一郎が声やってないのはうれしい限りです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

仮面戦隊ゴライダー [仮面ライダー]

現在放映中の劇場版のネット限定スピンオフ作品。
全3話。
劇場版を見てないので、わからないですが、こっちのスピンオフは全員死亡したライダーが大集合。
赤…バロン
青…ブレイド
黄…レーザー
緑…アナザーアギト
桃…マリカ

の感じで最終的にゴライダーになりそうな雰囲気。
で、主人公はエグゼイドで、ひとりだけ生きているのはなぜだ? 的なところからスタート。

うまいなと思ったのはブレイドは正確には死んではいないので「俺はまぁ人間をやめてしまったようなものだからな」というところで逃げ切った事(実際にはアンデッドとなって生きている)。
そしてブレイドの演技があまりにもひどい事もびっくり!



続きを読む


ウルトラマンギンガ劇場スペシャル [ウルトラマン]

例によってauビデオパスで鑑賞。
ここに来てウルトラマンがだんだん詳しくなってきた。
やっと、スパークドールズを使っての変身の意味をしる。

これはあれだね、ギンガの本編を見てないとわからない系の奴だね。
恋愛エピソードとか、ジャンポッドの立ち位置とか。

知識得るようで見たので、欲しい情報があったのでOK。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦 [ウルトラマン]

5本目~。
さすがに眠いので、今日はこれでおしまい。

子役時代の濱田岳が主役です。
こっそりマーシー(田代まさし)、ベンガル、アゴイサムが出ていてニヤリとしてしまいます。
ダイナは顔出しじゃないのに、ちゃんとつるの剛士が声あててるのね。
愛を感じるわ。

物語は赤い玉をめぐる欲望合戦で、最後は未来を守るために濱田岳が赤い玉を消滅させてしまいます。
ガイアとティガ&ダイナは別世界のキャラクターなので、今回のような設定にしたんですな。

動いているガイア初めてみた。

ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE [ウルトラマン]

さて、4本目。
フッキー(吹石一恵)大活躍です。
ジャスティスの人間体として出てます。


宇宙正義は長い目で見た時の生命の在り方を説き、地球人は夢や希望、他人を思いやる心を重視すると。
その間にたたされ、徐々にフッキーが人類にかけてみようと思う心の動きが全体のお話。
今回杉浦太陽は寝てばっかりです。

忙しい時期だったのかな?

蛇足的にウルトラマンレジェンドなるものが出てきますが、正直いらないなとそっちょくな感想。
その合体は意味ないかなぁ? と。
せっかくジャスティスが地球人の心に傾いたんだから、そこで終わらせようよ。と思った次第。


大怪獣バトルウルトラ銀河伝説 THE MOVIE [ウルトラマン]

そして怒涛の三本目!
最後の最後にゼロ出ます。
それまではレイモンとメビウスが引っ張ります。
そして、ここでもダイナはいい位置です。

以前から気が付いてはいたんですが、今回はっきりとわかった。
等身大同士で戦うとウルトラマンのデカさがわからない。
そして、どうにも下手な役者が多いなと思ったら、ウルトラの母に長谷川理恵、ウルトラマンキングに小泉純一郎とふざけているとしか思えないキャスティング

宮迫や蝶野は気づかなかったな。
まぁ宮迫は事前情報知っていたのに、よぉくきけばわかるかな? というレベル。
お上手でした。

岡村さんも出演者に入っていたけど、何役だったんだろうか?
大怪獣ギャラクシーを見てないと、若干わかりづらい部分が出てくるかも。
私は見てないので、レイモンの立ち位置とか疑問点はありました。
娯楽映画としてはよいのでは?

ウルトラマンサーガ [ウルトラマン]

続けざまに二本目。
ウルトラマンサーガです。
最初のゼロ&タイガ(DAIGO)+AKB勢のコミカル演技が賛否がわかれるところだと思います。
DAIGOってあんなに演技下手だったっけか?
時空を超えたウルトラマンのお話なので、ダイナコスモス、ゼロが出演します。
最初の方で往年のウルトラマン(ハヤタ)、セブン(モロボシ・ダン)、ジャック(郷秀樹)、A(北斗星司)、レオ(おおとりゲン)が顔出しで出てます。

もうねAKBが出る時点で、演技面はあきらめていたので、いいのです。
秋元才加だけしっかりしていたのが印象的。
これがのちの牙狼に行く布石なのか?
宮澤佐江、梅ちゃんも出ているので私的にOKとする。

ダイナが英雄としてまつられている地球なので、ダイナは最後まで出てきません。
いっぱい変身するのはコスモスです。

DAIGOはこの回限りのゼロなので、次はないでしょう。

どうしても演技面の不安からああなったんでしょうが、前半が厳しい。
サーガとなる理由その他も色々強引ですが、お祭り的な位置づけと思えばまぁよしかと。
さて、次はゼロ初出を見よう!

あ、関係ないけど、コスモスの奥さん役(TVシリーズでは隊員)のアヤノさんって、ピンクパンダのMAYUだったのね! 知らなかった。
びっくりした。
ガチャリックスピンのベース、FチョッパーKOGAが前にいたバンドね。
本当にどうでもいい話。

あ、これもauビデオパスです。
前の10件 | -