So-net無料ブログ作成

マン・オブ・スティール [DC]

書き忘れ。
ちゃんと見たわよ。
auビデオパスで。


まぁクリプトン星から脱出したスーパーマンが地球で暮らして~という基本路線は守りつつ、全体的な雰囲気はかなり抑え目になってます。
最後にディリー・プラネット社に入る件は上手い事、持って行ったなぁという感じ。
ニヤリとしました。
どちらかというと明るい雰囲気のスーパーマンがこのトーンはどうだったんだろう?
私はあり。
そして、この一作目がDCエクステンデッド・ユニバースの流れのスタートになるのね。
DC系は日本では地味な扱いが多いキャラが多いからどうなるものか?
スーパーマン、バットマンくらいじゃね? グリーンランタンとかフラッシュとか微妙よね。
ジャスティスリーグに向かうべく、次はバットマンVSスーパーマンだな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

スーサイド・スクワッド [DC]

auビデオパスのコインが有効期限切れ掛けていたので、見放題プランではなくレンタルプランの方で鑑賞。
映画やっている時から見たかったんですが、タイミング悪く~で、やっとこ見られたよ。
良かったよかった。

で、見た瞬間から後悔。
あれか、マーベルコミックと同じパターンか。
先にマンオブスティールとか見とかないといけないやつだったか。
DCコミックでもそのパターンだったのね。
スーパーマンが死んだとか、バットマンが最初ちょこちょこ出て来たりと、一連の流れの映画だったのね。

DCコミックのヴィラン(悪役)達が集められ、敵と戦う~というのが大筋の流れ。
予告編を見ている限りではだれがラスボスだかわからなかったんだけど、かなり早い段階でエンチャントレスであると判明します。
てっきりスーサイドスクワッドの一員だと思っていたよ。
そして、アメリカ版の予告を見て嫌な予感がしたハーレークイン。
予想通り、日本ではハーレークインwithスーサイドスクワッドの方向でHPとか特集とか組まれてましたね。
狂言回しの一人ではあるのですが、デットショットとリックがメインな気がするんだよなぁ。
いや、かわいいからいいんですが。
そして、思った以上に活躍していたジョーカー(あんまり表に出してなかったから、てっきりチョイ役かと)。
いいですね。
ジャックニコルソンのような陽気な犯罪者やヒースレジャーのようなより殺人鬼であり狂人であるのとも違う、切り口のジョーカーでした。
もっと精神世界に没頭しているというか、もっと、自分の中に入っている感じ。
かっこよかった。

ストーリーがどうこうというのはないし、単純に面白かったですわ。
とりあえずマンオブスティールから見直そう。

特撮じゃない気もするけど、書くところがなかったので、ここに書いてみた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画